JJ0DIR's info

アクセスカウンタ

zoom RSS 7DJ8使用YAHAアンプ実験とフランス製5676をPhonokaに組み込み

<<   作成日時 : 2014/09/25 17:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

本日は2つのテーマで行きます。
まずは、「7DJ8」という真空管を使用したYAHAアンプ基板の実験です。
7DJ8は、打ち間違いではありません。
写真は、こちら。

画像


画像


YAHAアンプでよく使われる、「6DJ8」という真空管の、
ヒーター電圧が「7V」なので、7DJ8という名前なのです。
6DJ8は、そのままヒーター電圧が6V(6.3V)ですね。

電圧が近いので、6DJ8の回路そのまま使えます。
が、そこはちょいとしたこだわりで、
「LM317T」という電圧可変形三端子レギュレータで、
きちんとした7Vを作り出せるようにしました。
なおかつ、6DJ8でも使えるようにと、
電圧を半固定抵抗で変えられるようにしました。
これで両方の球が使えます。

さらに、もう一声こだわりで、
出力カップリングコンデンサに、
「MUSE ES」というコンデンサを採用。
470μFを2個並列にしてみました。

さらにこだわっちゃうと、
バイアス調整をできるように仕込みました。
通常1MΩを使うところを、
470kΩの固定抵抗と、1MΩの半固定抵抗を直列にして、
バイアスにかかる電圧を調整できるようにしてみました。

回路図はこちらになります。
回路図で、カップリングコンデンサが通常の電解になっていますが、
今回は上述の通り、無極性電解を使います。
有極性の場合は回路図通りに配線します。

画像


さて、回路図を参考に基板に配置していきます。
今回は、大きめなユニバーサル基板にしました。
ゆとりを持って製作できます。

あらかた部品を配置し終えた基板がこちら。

画像


次に、電源部分だけ先に回路を配線します。
コンデンサの極性など、注意深く製作します。
そして、電源部分が完成したら、
きちんと電圧が出てくるかチェックします。
この回路だと、半固定抵抗が真ん中辺で、
6〜7Vが出力されるはずです。
ここでは、7Vが出てくるように調整します。
6DJ8の場合は6Vですね。

画像


電源回路が無事動いたら、
本体の回路の方も配線していきます。
完成した基板がこちらになります。

画像


画像


回路に間違いはないか、きちんとチェックし、
実際に真空管やカップリングコンデンサ、オペアンプ、
入力・壊れてもいいヘッドホンなどをつなぎます。

画像


ヒーターに明かりが灯って、しばらくして入力に信号を入れると、
ヘッドホンから音楽が流れてくれば、成功です。

音質の方は、とても真空管らしい音が鳴ってくれます。
今までいくつかYAHAを製作しましたが、
一番の音質です。
かなり好みな音を奏でてくれるので、
いつかきちんとケースに入れてあげたいですね。



ケースに入れてあげた記事がアップできました。
こちら。

http://jj0dir.at.webry.info/201410/article_1.html



さて、2つめのお題。
Phonoka(フォノカ)というポータブル真空管ヘッドホンアンプですが、
これに使われている「5676」という球を、
おフランス製の球に交換しちゃった、というお話です。

Phonokaに関しては、こちらが製作記事になります。
http://jj0dir.at.webry.info/201401/article_2.html

今回手に入れたのは、フランスの「Radiotechnique」という会社の
5676真空管です。

eBayで個人輸入させていただきました。
注文から2週間前後で到着。

画像


今回は、ロット違いが2セットの4本でした。
このロット違いがくせ者でした(後述)。

画像


さて、さっそく、ソケット加工して、
Phonokaに接続〜!!
どんな音がするかな?わくわく

画像


アレ、片方の音が小さい……。

最初わからなかったのですが、
よく見たらロットが2種類あったのです。
そして、その片方のロットの品が、どうやら特性の値が違うらしい。

こりゃ参った。使えるのは2本だけでした。
しかも、プリントの向きがあべこべという……。
まあ、これも運です。仕方ありません。

Phonokaに装着した写真がこちら。

画像


画像


ドアップ。

画像


して、音質の方なんですが、
なんというか、これ、フランスっぽい音がするんです(イメージ)。
Raytheonの5676と比べると、Raytheonはかっちりしたイメージ、
Radiotechniqueはより柔らかい音がします。
解像度からみると、Raytheonの方が高いですが、
Radiotechniqueは、暖かい感じがして、これはこれで好みの音です。
そのときの気分で取り替えてもいいかもしれません。

そして、ニュース!!
このたび、Phonokaが、
「Phonoka Plus」として帰ってくるようです!!
ブログが立ち上がりましたので、
詳しいことは下記ブログを刮目されたし!!

http://4690audio.blog.fc2.com/blog-entry-2.html

http://4690audio.blog.fc2.com/



というわけで、今回は〆〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
7DJ8使用YAHAアンプをケースに入れて真空管を8FQ7に交換してみる
前回の記事 →http://jj0dir.at.webry.info/201409/article_1.html ...続きを見る
JJ0DIR's info
2014/10/02 20:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
7DJ8使用YAHAアンプ実験とフランス製5676をPhonokaに組み込み JJ0DIR's info/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる